予防
1. 酸を作って歯の表面を溶かすミュータンス菌やラクトバチルス菌を歯磨きなどで口腔内から減らし、酸に溶けにくい歯にするためにフッ素塗布を行う。
歯周病菌を口腔内から減らすために、薬や機械を使って除菌清掃する。

2. 1.の方法を全く行わなくても虫歯や歯周病にかかることのない先住民の生活を学び、実践する。

1.の方法では、歯の表面が溶けて穴が開いてしまうと、歯磨きやフッ素の効果は期待できません。削って人工物を詰める治療に移行になります。そうすると、結局、従来の削って詰める治療の繰り返しの処置になります。


歯磨きや歯石除去、フッ素塗布や歯磨き粉では、真の予防はできないことをご存知でしょうか?
 先ず、糖質を摂りすぎない食生活に変えること、精米した白米も糖質です。精製した小麦粉を使った麺類やパンなどの加工食品、ジュースやスポーツドリンクなどなど、虫歯や歯周病を引き起こす原因となる食品を控える必要があります。
 虫歯や歯周病を予防するためには、そのための十分な知識が必要です。その方法は、既に80年前に確立していたのです。この2冊の本に詳しく記されています。これらの本は、専門書ではなく、一般向けに書かれたものです。
 虫歯や歯周病を予防したいとお考えの方は、是非、一読されることをお勧めします。
 (貸し出しも用意しています)